「ブレードランナー」撮影終了後も何度も追加撮影に付き合った役者は…

SF映画の金字塔『ブレードランナー』

独自の近未来感がその後のSF映画に多数の影響を与えた「ブレードランナー」。
現在でも色あせることのない世界観はSF映画の金字塔と言っても過言ではありません。

驚くべきことは、CGを一切使っていないということ。
1982年公開ということを考えれば、CGなど存在しなかった時代なのはわかっていても、改めて見ると全てがセットで作りこまれたものだという事実に驚かされる。

つまり一切のデジタル処理が施されていない最後のアナログSF映画と言えるでしょう。

ちなみに、作品はいくつかのバージョンが存在します。
ナレーションの有無や、違うラストシーンが存在したりとマニアを喜ばせています。
その中でもマニアも納得のバージョンと言えば「ディレクターズ・カット/ファイナル・カット」ではないでしょうか。
リドリー・スコット監督も「本来はナレーション無しで作りたかった」と言っているだけに、必聴のバージョンとなっています。

ハリソン・フォードは「ブレードランナー」がお嫌い??

主演を務めるハリソン・フォード。
スターウォーズに出演していることもあり、SF映画と言えばハリソン・フォードだという時代だったのではないでしょうか。

実際にブレードランナーの追加撮影をしていた時は、「スター・ウォーズシリーズ」、そして「インディ・ジョーンズ/レイダース 失われたアーク」も公開されており、超売れっ子俳優として引っ張りだこでした。

その時期にブレードランナーの追加撮影で何度も呼び出されていたハリソン・フォード…。
しまいに監督に怒り出すという時期もあるらしく、ブレードランナーにはもう関わりたくないという気持ちがあったのかもしれません。

実際にはレイチェル役のショーン・ヤングと仲が悪かったり。
リドリー・スコットとストーリーで揉めたり。
ハリソン・フォードはその後も「ブレードランナー」について語りたがらなかったそうです。

しかし現在は続編がクランクインしたという情報が入ってきています。
時が解決し和解したとのことなので一安心だと思います。